リンガル(舌側)矯正・
インプラント矯正

  • トップ  >  
  • リンガル(舌側)矯正・インプラント矯正

Point 1

矯正治療に関心があっても、歯の表側に装置を取り付けるワイヤー矯正の見た目が気になって治療に踏み出せない……という方におすすめなのが、歯の裏側に装置を取り付けるリンガル(舌側)矯正です。また、装置の支点を奥歯にではなく、歯を移動させるのに最適な位置に、ピアスのような小さなインプラントを埋入して支点として使用するインプラント矯正という方法もあります。

Point 1 矯正装置が見えにくいリンガル(舌側)矯正・効率よく歯を移動させるインプラント矯正

いずれも適切な診査・診断、高い技術力が要求される治療法です。岡山市中区の「石井歯科クリニック」では、リンガル(舌側)矯正にもインプラント矯正にも対応しており、その検査には、歯や顎の骨などを詳細に3D画像として確認できる歯科用CTを積極的に活用しています。

リンガル(舌側)矯正について

リンガル(舌側)矯正について

リンガル(舌側)矯正は、歯の裏側(舌側)にブラケットと呼ばれるパーツを貼り付け、そこへワイヤーを通して歯を移動させる矯正方法です。お顔の正面から見ても、矯正装置がほとんど露出しないため、人前に出ることの多い営業職、接客業などにおすすめの治療法です。

ただし、リンガル(舌側)矯正は、歯の表側に装置を取り付ける通常のワイヤー矯正と比較したときに、高い技術力が求められ、費用もそれだけ高くなってしまいます。そのため、上下両顎を裏側にするのではなく、片側のみ裏側矯正とすることも可能です。

リンガル(舌側)矯正のメリット・デメリット
メリット デメリット
  • お口の中を覗き込まれない限り目立たない
  • 前に出た歯を内側に戻す効果が高い
  • 虫歯になりやすい表側をブラッシングしやすいため、虫歯リスクが低くなる
  • 舌で前歯を押すクセが防げる
  • 吹奏楽器を演奏するときに邪魔にならない
  • 表側よりもスポーツ時のケガの心配が少ない
デメリット
  • 舌が装置に当たり慣れるまで違和感がある
  • 慣れるまで発音しにくい
  • 表側よりも費用がかかる
  • 表側よりも治療期間が長くなることがある

インプラント矯正

インプラント矯正とは、ピアスほどの小さなスクリュー「ミニインプラント」を顎の骨に埋入し、それを支点に歯を効率よく移動させる矯正方法です。奥歯を支点とする矯正治療よりも、弱い力で効率よく歯を移動させることができます。そのため治療期間も短くなるというメリットがあります。

当サイト監修の岡山市「石井歯科クリニック)」では、20年以上にわたってインプラント治療を手がけています。当院院長は「日本口腔インプラント学会専門医」であり、「日本顎咬合学会認定医」でもあるため、安心して治療をお任せいただけます。